商品一覧 カセキ / Kaseki 2021

カセキ 2021

Kaseki

アルベルト アングイッソラ(カゼ) / Alberto Anguissola(Case’)

アロマティックなこの品種の魅力を120%表現しております。グラスから溢れる華やかな香りで、空間が満たされます。あまり冷やしすぎないのがオススメ。抜栓したら2日間くらいで飲み切ってしまうのが良いでしょう。

¥4,620 (税込)

在庫6個

タイプ

ヴィンテージ

2021

産地

イタリア > エミリア・ ロマーニャ

生産者

アルベルト アングイッソラ(カゼ) / Alberto Anguissola(Case’)

品種

マルヴァジーア・ディ・カンディア・アロマティカ100%

土壌属

土壌

粘土石灰

栽培方法

有機栽培

SO2

極少量

度数

10.5

容量

750

オノマトペジワジワ属 じゅんわり

マルヴァジーア・ディ・カンディア・アロマティカの、3か月に渡る醸し醗酵を行ったワインで、本当でしたらカゼビアンコ2021の2回目のボトリング分にブレンドされる予定だったのですが、もう一方のワインの揮発酸が高くなってしまったのと、際立った個性を持っているワインなので混ぜるのはちょっともったいないと考え直し、単体でボトリングすることに。香り、果実、タンニン、余韻の塩気と言いますかミネラル感(なにせカセキと命名するくらいですから…)、あらゆる要素が充実したワインです。

【生産者情報】 パルマから西に100km、ピアチェンツァの南30kmに位置するトラーヴォは、東西に長いエミリア ロマーニャ州の中でも最西端エリアに位置し、ロンバルディア、ピエモンテ、リグ-リアとの州境に近い。新石器時代の遺跡が発見された歴史的に重要な場所で、トレッビア川の西岸で見晴らしが良く、砦や拠点を作るのに適した地形にあったため、時代の支配者たちが奪い合ってきた争いの逸話がいくつも残されている。アルベルト アングイッソラは、祖父母が住んでいたトラーヴォ郊外の標高530~560mの「カゼ」と呼ばれる地区(カザル ポッツィーノのことを地元でこう呼ぶ)の土地を1998年に購入、ブドウ栽培を始めました。

当初はスプレー缶製造メーカーで働きながらの二足の草鞋だったが、当時ラ ストッパの栽培醸造責任者を務めていたジューリオ アルマーニ(現デナーヴォロ)と親交が深かったことから様々なアドバイスを受け、徐々にブドウ栽培とワイン醸造の世界にのめり込んでいき、2012年に正式退職しワイン造りに専念することとなりました。アルベルト自身がブルゴーニュのワインが好きであったことと、カゼの標高の高さ、土壌の性質を考えピノネーロを植え、自然環境に最大限のリスペクトを払った農業を実践、2000年に自身初めてのワインを醸造しました。2007年から実験的に発泡性ワインも醸造。2009年ヴィンテージまではラ ストッパの醸造所を間借りしてましたが、自身のワイナリーが完成した2010年以降は自らのワイナリーにて醸造を行っています。ワイナリー近くで耕作放棄されそうになっている高樹齢のブドウ樹が植わる区画を2011年から借り始め、2012年に新たにピノ ネーロを植え畑を作りました。現在は共同経営者のディエゴ ラガッツィと共に、4.5ヘクタールの畑から年間約3万本を生産しています。